些細な体験によって育毛を始める

今の私は育毛生活と言ってよいほど育毛に力を入れています。なぜ育毛に力を入れるようになったのかといえば、他人から見れば些細なことだとは思います。
小学校や幼稚園の甥っ子や姪っ子に抜け毛が増えて薄くなってきた髪の毛を指摘されてしまったのです。子供は無垢なので思ったことをそのまま口に出します。決して悪気がわるわけではありません。その場は苦笑いで過ごしましたが、子供から見ると私は薄毛に見えています。
つまり、これまで誰からも指摘されていないだけで、友達や会社の同僚は私を薄毛だと思っている可能性があります。このように考えてしまったことで、薄毛の自分を変えるために早寝早起きや育毛のサプリメント、育毛剤などで薄毛回復に励んでいます。